富江 あらすじとネタバレ(HULU)

伊藤潤二の原作コミックを映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・・

泉沢月子(中村麻美)は、3年前の事故の影響で記憶障害と不眠の症状をかかえている。

 

その治療のために通院しているクリニックの精神科医師、細野辰子(洞口依子)は、記憶がなかなか戻らない月子に催眠療法を取り入れることにする。

 

催眠治療中に月子の口からでた言葉「トミエ」。ところが月子はその名前を全く覚えていない。そんなある日、原田刑事(田口トモロヲ)が細野医師のもとを訪れ、「川上富江」について調べている旨を伝える。

 

その後、月子の周りでおこりはじめるいくつもの殺人事件。その中心にいたのが・・・というストーリー。

 

富江をHULUで視聴する

 

富江

ホラーとしての設定は十分に恐怖を感じるもので、全体的な流れや恐怖を煽る演出などは、なかなかのものがあった作品です。

 

なかでも一番は、富江を演じた菅野美穂さんの演技力なのは間違いないですね。

 

美しさと狂気をはらんだルックス、そして演技力を兼ね備えている若手女優さんは、公開当時の1999年には菅野美穂さんがダントツだったのかもしれません。キャスティングは成功していると思います。

 

オープニングもホラーの序章としては素晴らしいものだと思います。

 

怪しげな若い男が持っている紙袋が破れ、その中から覗く女の目・・・これはコワイです!

 

このシーンがあることで、「富江」というのは首だけで生きている女なんだろうなという予測がたち、このあとの富江の登場を頭の隅においたまま見ていくことができます。

 

何がでてくるかわからないというのもホラーの楽しみのひとつですが、作品のタイトルが「富江」なわけですから、それをどう効果的に見せるかを考えた場合、冒頭で少しだけネタを見せるというのは効果的な方法だと思いますね。

 

出演女優

 

川上富江を演じた菅野美穂さんは美しくも恐ろしいのですが、もうひとりの主役である月子を演じた中村麻美さんも、どことなく紗綾さんと満島ひかりさんと小池栄子さんと一色紗英さんをミックスしたようなルックスで、なかなかのキュートさでした。

 

願わくばもう少しセクシーなシーンも欲しかったのですが、事務所的にも本人的にも、ブラだけになるのが精一杯だったのでしょう。

 

その分、月子の友人、吉成佳織を演じた留美さんが小ぶりなバストを惜しげも無く披露してくれていますので、まぁよしとしましょうか(笑)

 

ホラーというのは「緩急」が大事だと思うので、少々のお色気シーンを織り交ぜたほうがより怖いシーンが引き立つと、個人的には思うのです。

 

留美さんは冒頭のシーンで、セクシーなホルターネックのタンクトップ姿を見せてくれていたので、「ちょっと期待できるかな?」と思っていたのですが、そのとおりになってヨカッタです。

 

あと、月子のもうひとりの友人である野村和美を演じた奈良岡寿美さんなのですが、この役は必要だったんでしょうかね?

 

特に作品の中では必要のないキャラクターだったと思いますので、誰かのバーター出演だったのかなと感じてしまいました。

 

中村麻美さんは女優とスピリチュアルカウンセラーの活動を並行して行っているようですし、留美さんも奈良岡寿美さんももう活動されていないようで、時の流れは大きな変化を作り上がるんだな〜と新ためて感じてしまいました。

 

富江

 

ここからネタバレ

 

精神科医師、細野辰子(洞口依子)の催眠療法を受けた月子が、無意識のうちに

 

「タナベくんに何をしたの?」
「何をするつもりなのよ?富江」

 

という言葉を発していることと、時々夢の中で自分が血まみれになっているというセリフから、過去に富江とのつながりがあったことが想像できます。

 

原田刑事が細野医師のもとに訪れて、川上富江についての話をしたときに、月子の潜在意識に潜む「トミエ」と川上富江が同一人物なのだろうということは確信できたのですが、徐々に過去の富江が異様な存在だということもわかってきます。

 

川上富江が転校してきた学校のクラスが、3ヶ月後にクラス崩壊してしまったという事実が語られるところは、なかなかのぞわぞわ感でした。

 

クラス崩壊といっても、先生の言うことを生徒が聞かないとかそういうことではなく、その内容は

  • 自殺者4人
  • 精神科収容 7人(教師含む)
  • 他の生徒は転校

という状態になったというものだったんですね。

 

そうなったのは川上富江がその原因で、これ以上悲惨なことにならないように、「みんなで殺してバラバラにして捨てた」というクラスの生徒の証言も残っているのです。

 

ところが物証がないのでそのまま事件として成立せず、川上富江は行方不明になっていまだに発見されていないという・・・。

 

3年前の岐阜県警の殺人事件の資料にも「川上富江」という名前があり、

加害者:田辺幸治
被害者:川上富江

となっているにもかかわらず、このときも遺体が出ず未解決。そのときに富江が殺された現場が、今、月子が住んでいる部屋だったというのです。

 

つまり、川上富江は3年前の岐阜と、現在月子が住んでいる部屋の合計2回殺されているということになるわけですね。

 

そればかりか、明治初期の警察資料にもその名前が記されているということで、「なんども生まれかわる得体のしれない生き物」という結論にしかならないのです。

 

月子の部屋の真下に住んでいる男性は、成長速度の異常にはやい女の子を一緒に暮らしているのですが、これが川上富江が新しく再生した少女でした。

 

川上富江は月子に近づくため、月子のカレシ斎賀祐一(草野康太)が働いているレストランでバイトしはじめます。

 

そしてそのレストランの店長やバイトの男性たちも、どんどんおかしくなっていき、ついに殺し合いをして全員が店内で死亡してしまうのです。川上富江が現れるところでは、つねにこういった惨劇が起きるんですね。

 

月子と富江は出会い、月子は、

 

カレシだった田辺幸治が、浮気相手だった富江を殺した

 

という過去の出来事をすべて思い出します。

 

また、

  • 今のカレシの斎賀祐一も富江に寝取られた
  • 斎賀祐一が友達の吉成佳織と浮気していた

という事実をも富江から聞かされます。

 

二度と自分の周りの人たちが富江に弄ばれないように、そして殺しても再生できないように発煙筒で焼き殺すのですが・・・・

 

まぁ、最後は定番のオチということで書く必要もないでしょう。

 

全般的に、「まぁまぁ」といった出来のホラー作品でした。

 

不要なシーンもいくつかありましたし、田口トモロヲさんと洞口依子さんの演技がチグハグだったりもしたんですが、続編があるということで5点満点で2,5点ということにしておきましょうか。

 

菅野美穂さんと中村麻美さんのキスシーンもあったことですしね(笑)

 

富江をHULUで視聴する

2週間無料で楽しめる!

↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

<紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。>

関連ページ

Another アナザー 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「Another アナザー」についてお話します。ネタバレ注意!
狗神 動画レビュー
Huluで観た邦画「狗神」についてお話します。ネタバレ注意!
ヴァンパイア 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「ヴァンパイア」についてお話します。ネタバレ注意!
オトシモノ 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「オトシモノ」についてお話します。ネタバレ注意!
怪談新耳袋 ノブヒロさん 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「怪談新耳袋 ノブヒロさん」についてお話します。ネタバレ注意!
怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」についてお話します。ネタバレ注意!
怪談 新耳袋 劇場版 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「怪談 新耳袋 劇場版」についてお話します。ネタバレ注意!
クロユリ団地 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「クロユリ団地」についてお話します。ネタバレ注意!
サイレン 動画レビュー
Huluで観た邦画「サイレン」についてお話します。ネタバレ注意!
死にぞこないの青 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「死にぞこないの青」についてお話します。ネタバレ注意!
戦慄迷宮 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「戦慄迷宮」についてお話します。ネタバレ注意!
着信アリ 動画レビュー
Huluで観た邦画「着信アリ」についてお話します。ネタバレ注意!
着信アリ2 動画レビュー
Huluで観た邦画「着信アリ2」についてお話します。ネタバレ注意!
着信アリFinal 動画レビュー
Huluで観た邦画「着信アリFinal」についてお話します。ネタバレ注意!
放送禁止 劇場版〜密着68日復讐執行人 動画レビュー
Huluで観たジャパニーズホラー「放送禁止 劇場版〜密着68日復讐執行人」についてお話します。ネタバレ注意!
仄暗い水の底から 動画レビュー
Huluで観た邦画「仄暗い水の底から」についてお話します。ネタバレ注意!