邦画のホラー作品

こちらのカテゴリではHuluで観たジャパニーズホラーについてお話していきます。

 

ネタバレ注意報発令中です。

2週間無料で楽しめる!

↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

<紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。>

ジャパニーズホラー記事一覧

綾辻行人の原作小説を古澤健監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・1998年。父が仕事でインドに行くことになったため、叔母が住む夜見山市に一時的に引っ越してきた榊原恒一(山崎賢人)は、引っ越し早々、気胸の発作で入院することになってしまう。その病院でみかけた左目に眼帯をした少女が、初登校の日、自分と同じ3年3組にいることに気づいた。この学校には守らなければならないルールがあり、そのせいで眼帯の少女、...

原作は坂東眞砂子による小説。さて、そのあらすじは・・・四国の深い山奥の集落で、和紙を作りながらひっそりと暮らしている坊之宮美希(天海祐希)。そこに学校の教師として奴田原晃(ぬたはら・渡部篤郎)が赴任してくる。最初は白髪が目立つ美希だったが、晃がやってきてからどんどん若返っていく。晃が現れてから人間関係が複雑に入り組合、狗神筋として村人たちから阻害されてきた坊之宮家の秘密と、おぞましい過去が明らかに...

原作・脚本・監督・制作など7部門を岩井俊二が担当した作品。さて、そのあらすじは・・・自殺願望を持つ者達が集まるサイト「side by cide」で知り合った男性のプルート(サイモン/ケヴィン・ゼガーズ)と、女性のゼリーフィッシュ(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)。ふたりは死ぬ場所を探して車を走らせている。その途中でプルートは、簡単に死ぬ方法があるとゼリーフィッシュに伝える。そして、近くの倉庫に潜り...

沢尻エリカ主演の2006年公開のホラー作品。さて、そのあらすじは・・・小学生の男の子、福田孝くんが駅のホームで赤い定期券を拾ったあと、行方不明になってしまう。そして、孝くんは変な女性に「その定期券を拾ったから死ぬ」と告げられていた。ある日、孝くんの同級生の木村範子は同じ定期券を拾ってしまったことで、行方不明になってしまう。範子の姉、木村奈々(沢尻エリカ)は、クラスメイトの藤田香苗(若槻千夏)と共に...

2006年7月公開の「劇場版怪談新耳袋」の2作目の長編。さて、そのあらすじは・・・デザイン会社勤務の里中悦子(内山理名)は、画家の島崎信弘(平田満)のアトリエに作品を受け取りに行く。そして、そのとき「絵のモデルになってくれないか?」と誘われ承諾するのだが、島崎信弘は自分のことを、「先生というガラじゃないから、ノブヒロさんと呼んでほしい」とリクエストし、悦子のことも親しげに「えっちゃん」と呼ぶように...

「新耳袋劇場版シリーズ」の第2弾で初めての長編となる当作品。さて、そのあらすじは・・・フリーライターの父親、大和充(吹越満)と古びたマンションに引っ越してきた女子高校生の愛実(黒川芽以)。そのマンションには、敷地の入り口のところに石に結びつけたロープが張ってあり、「0時までにこのロープの内側に入っていなければいけない」というおかしなルールがあった。また、「愛」という名前を口にしたいほうが良いという...

テレビドラマ「怪談新耳袋」、初めての劇場版作品。全8話からなるオムニバス形式です。(1時間32分)2003年公開のこの劇場版は、原作者である木原浩勝氏と中山市朗氏が日本全国をめぐり、怪異な話を収集した短篇集のひとつの集大成といえるでしょう。「怪談新耳袋」シリーズは、通常のテレビシリーズ、スペシャル番組、劇場版など人気コンテンツのひとつで、その出演者も有名俳優さんたちが多いわけですが、10年以上も続...

日活創立100周年記念作品のホラー。さて、そのあらすじは・・・クロユリ団地の402号室に引っ越してきた二宮家の4人家族。長女の明日香(前田敦子)が入学した学校の友人によると、この団地には「出る」という噂があるらしい。明日香は菓子折りを持って、お向かいの401号室の笹原さん宅に引っ越しの挨拶に行くが、反応が無いために紙袋に菓子折りを入れたままドアノブにかけておいた。その数日後、笹原老人は亡くなってし...

この作品の元になっているのは、プレイステーション2のホラーゲーム「SIREN2」だそうです。さて、そのあらすじは・・・夜美島という島での出来事。ある嵐の夜に島民のすべてがいなくなるという奇怪な事件が起きる。ひとりだけ生存が確認され、保護されたのが阿部寛演じる土田圭。彼は半狂乱で「サイレンがなったら外に出てはならない」と叫び続けていた・・・・。時は流れ29年後。市川由衣演じる天本由貴は、体の弱い弟、...

乙一の小説を安達正軌監督が映像化。さて、そのあらすじは・・・佐々木マサオ(須賀健太)は小学校6年生に進級し、担任は新しく転任してきた羽田光則(城田優)先生になった。先生はなぜか、ことあるごとにマサオを叱り、それをきっかけとして徐々にクラスメイトもマサオをいじめるようになっていく。学校のキャンプで郊外にでかけたとき、いつものように不条理な理由で先生に叱られたあと、マサオは川の向こうに人の形をした青い...

富士急ハイランドのお化け屋敷「戦慄迷宮」を舞台としたホラー作品。監督は「呪怨」シリーズの清水崇。さて、そのあらすじは・・・子供の頃、友達ら5人で富士急ハイランドのお化け屋敷に忍び込んだケン(平岡拓真/子供時代)。その友達のなかでユキ(松本花奈/子供時代)だけが行方不明になってしまった。その後、引っ越してしまったケンは、10年後に再び子供の頃に育った街に帰ってきた。当時、お化け屋敷に忍び込んだ友人た...

秋元康原作のホラー小説シリーズの映画化。さて、そのあらすじは・・・・後輩の葬式の帰りの岡崎陽子(永田杏奈)の携帯電話に、陽子自身の携帯からの着信履歴と、「やだー、雨降ってきちゃった。。。きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜」と陽子の声で留守番メッセージが入っているのを確認した女子大生、中村由美(柴咲コウ)。その後、陽子は死に、さらに自分のまわりの友人たちが次々と謎の死を遂げていく。不審死が起きる前には、かならず「...

「着信アリ」に続く2作目の本作。さて、そのあらすじは・・・由美が山下を殺したことで一応の終焉を迎えたと考えられていたこの事件。ところが、1年後再びあの恐怖が舞い戻ってくることになる。一連の事件は、水沼美々子がすべての原因だと考えられていたのだが、実は美々子も被害者で、その大元は台湾にあったのだ。事件に巻き込まれた奥寺杏子(ミムラ)とその恋人である桜井尚人(吉沢悠)、この事件の取材を続ける記者、野添...

「着信アリ2」に続くシリーズ完結作。さて、そのあらすじは・・・安城高校の生徒たちが、修学旅行で韓国へと向かうフェリーの客室内で会話をしているときに、生徒の一人である楠木あずさ(天川美穂)の携帯からあの着メロが流れてきた。着信は2月7日11時35分。そして、自分が首吊りしている画像と「ツカエネ〜ナ」というメッセージが。これは、クラスでいじめられていた女の子パムが、首吊り自殺をしたときと似た状況だと気...

伊藤潤二の原作コミックを映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・・泉沢月子(中村麻美)は、3年前の事故の影響で記憶障害と不眠の症状をかかえている。その治療のために通院しているクリニックの精神科医師、細野辰子(洞口依子)は、記憶がなかなか戻らない月子に催眠療法を取り入れることにする。催眠治療中に月子の口からでた言葉「トミエ」。ところが月子はその名前を全く覚えていない。そんなある日、原田刑事(田口...

フジテレビ系列で不定期で放送されているモキュメンタリーの劇場版。さて、そのあらすじは・・・とある番組のディレクター(吉岡睦雄)が取材対象に選んだのが、「シエロ」という復讐代行サイトの管理人、七川ノラムだった。彼女は異様な仮面を絶えずかぶっており、その素顔を見せることはない。数々の復讐依頼を受け、それぞれに適した人材を集めることで復讐を実行していくのだが、ディレクターが取材をすすめるに連れ、過去の事...

原作は、鈴木光司原作の短編集「浮遊する水」。ハリウッド版のリメイク作品も「ダーク・ウォーター」といタイトルで制作された本作品。さて、そのあらすじは・・・離婚調停中の浜田邦夫(小日向文世)と淑美(黒木瞳)邦夫は、結婚前に淑美が精神科に通院したことを理由に、娘の郁子(菅野莉央)の親権を取り上げようとするが、結局それはかなわず親権は淑美がもち、淑美と郁子は二人で新しい部屋を借りて住むようになる。引っ越し...