邦画

こちらのカテゴリではHuluで観た邦画についてお話していきます。

 

ネタバレ注意報発令中です。

2週間無料で楽しめる!

↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

<紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。>

邦画記事一覧

木下半太の小説を原作とした、堀部圭亮の初監督作品。さて、そのあらすじは・・・深夜、エレベーターの閉じ込められた男性3人と女性ひとり。そのなかのひとり、小川順(斎藤工)はエレベーターに乗ってすぐ気を失っていたのだが、目が覚めると同時に「ここから出してくれ、妻が出産しそうなんだ」と焦りだす。ところが携帯もバッテリー切れ、エレベーターの通話機能も普通という状況で、外部との連絡がとれない。そんな状況のなか...

伊坂幸太郎原作の小説を映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・・青葉学院大学に入学して仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、アパートの廊下で、ボブディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら引っ越しのダンボールを片付けていた。そこに声をかけてきたのが、隣の部屋に住む河崎(瑛太)だった。河崎は椎名を自分の部屋に予備、隣の隣の部屋に住むブータン人キンレィ・ドルジが「アヒルと鴨の違いを知りたがっている...

複数の監督が集まって、11の短編を作り上げた犬ばかりのオムニバス映作品。アニメ、ミュージカル風、連続もの、犬目線、実存する犬グッズ、セリフのない作品など7人の監督がそれぞれの持ち味を活かして、短編を作り上げています。出演俳優陣も豪華で、もう芸能界を引退してしまった天才子役の幼少時代の姿も見ることが出来ますよ。大型犬、小型犬、和犬、洋犬などいろいろと登場しますので、自分が好きな犬種を見て楽しむのもよ...

三木聡氏が監督・脚本のコメディ。さて、そのあらすじは・・・蒲公英出版社(TANPOPO Publishing Co.,Ltd)の雑誌「HATENA」の編集長、沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、雑誌廃刊をきっかけに出版社を退社し、自分の父親かもしれない骨董店の「電球商会」の主人、沈丁花ノブロウとの出会いによって、骨董品に興味を持つようになる。自分でも「黒いものしか扱わない骨董店『空白』」を開店させ、順調...

フジテレビ制作、本広克行監督、亀山千広製作総指揮という「踊る大捜査線」スタッフが集結した本作品。さて、そのあらすじは・・・コメディアンを目指し、地元を飛び出しアメリカへと旅立ったユースケ・サンタマリア演じる松井香助。しかしながら挫折を味わい、故郷である香川県に帰ってくるところから物語は始まる。借金を背負って帰郷した香助が父親に突き放されて失意を感じている中、母親の墓参りに行くのだが、途中で車がガス...

あんど慶周の原作コミック「HENTAIKAMEN」を福田雄一監督が実写化。さて、そのあらすじは・・・SMクラブの女王さまである色丞魔喜(片瀬那奈)と、刑事の父の間に生まれた色丞狂介(鈴木亮平)は、紅游高校日本拳法部に所属しているが、腕っ節はからきしの高校生。ある日、転向してきた姫野愛子(清水富美加)に狂介は一目ぼれする。その日、愛子が学校からの下校時に強盗に捕まり人質となってしまう。愛子の窮地を救...

この作品の原作は桜沢エリカの「LOVE VIBES〜ラブヴァイブス〜」。そして監督は奥田瑛二の長女安藤モモ子という、女性たちが同性を描く物語です。さて、そのあらすじは・・・満島ひかり演じる早稲田大学の学生ハルは、セックスしか興味のないカレシとの関係に疑問を抱き始めていた。そんなときにカフェである女性から声をかけられる。その女性は中村映里子演じるメディカル・アーティストのリコで、実はレズビアンだった...

すさまじいまでのB級感漂う本作品。さて、そのあらすじは・・・ヤクザの息子、木村翔(西原信裕)たち不良グループのいじめによって弟を殺された女子高生の日向アミ(八代みなせ)の復讐劇。弟の敵をとるために、いじめグループのひとりひとりを追い込んでいくアミだが、木村翔の屋敷に忍び込んだ時に捕まってしまい、左腕を切断されてしまう。なんとか屋敷から逃げ出し、同じくいじめによって息子をなくした自動車修理工場を営む...

直木賞作家・山本兼一の第11回松本清張賞受賞作が原作の当作品。さて、そのあらすじは・・・織田信長から「五重の天守閣をもつ城を作れ」と命じられた宮大工の岡部又右衛門(西田敏行)。五重の城を作るには、万が一火災が起きた時の火のまわりを考えて設計しなければいけないが、それだけでなく大黒柱になる1本の巨大な杉が必要だという結論にいたった又右衛門。目的の杉を探し出し、見事「安土城」を建築することができるのか...

鴨川ホルモーを一言で説明するなら、「バカバカしい」というか、「肩がこらずに楽しめる」というか、そういう邦画作品です。さて、そのあらすじは山田孝之演じる安倍は二浪の末に京都大学に入学。そこで出会った女性早良京子(芦名星)に一目惚れし、なんとかお近づきになりたいと誘われた怪しげなサークルに入ってしまう。そのサークルは「ホルモー」という鬼同士を戦わせる競技を行うサークルなのだが、ある儀式を行うまでは鬼の...

原作はタツノコプロ製作のアニメ「新造人間キャシャーン」。紀里谷和明氏の初監督作品です。さて、そのあらすじは・・・・50年にも及ぶ戦争のあと、大亜細亜連邦共和国はヨーロッパ連合に勝利し、ユーラシア大陸ほぼ全域を支配。ところが、その民族優位主義という人種差別政策によりテロが頻発することになる。そして、世界では工場からの排煙や科学兵器などによる影響で公害病は全人口の6割を超え、人体の突然変異の発生率が異...

高橋ヒロシ原作のマンガ「QPキューピー外伝」をもとにして日本テレビがドラマ化。さて、そのあらすじは・・・暴力団天狼会の跡目を継いだ我妻涼(あづまりょう/斎藤工)は、巨大組織である横溝組を潰して我が物にしようと画策している。横溝組もそんな我妻を抹殺するため、関西から2人組の殺し屋トム(金子ノブアキ)とジェリー(渡部豪太)を呼び寄せる。ところが、仕事を完遂する前に逆に我妻に命を奪われかけたことで二人は...

朝井リョウ原作の小説を吉田大八監督により映画化。さて、そのあらすじは・・・松籟(しょうらい)第一高校バレー部のスター選手で、県選抜に選ばれるほど実力をもつ桐島。彼が金曜日から学校へ登校してこなくなったところから物語は始まる。どんな理由があるのかわからないまま、桐島はバレー部をやめるという噂が学校中に広まっていき、親友の菊池宏樹(東出昌大)や桐島の彼女である飯田梨紗(山本美月)や、バレー部の部員たち...

西村賢太の小説を山下敦弘監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・父親が性犯罪を起こしたため、住んでいた土地から夜逃げ同然に家族とともに逃げ出し、15歳から日雇い人夫としてその日暮らしをしている北町貫多(森山未來)。ある日、ある現場で専門学生の日下部正二(高良健吾)と出会い、ふたりは仲良くなっていく。古本屋のバイトしている法政の女子大生、桜井康子(前田敦子)に片思いし、支払うべき家賃を風俗で使い滞納...

吉川トリコの小説を山本透監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・アキ(麻生久美子)は、17歳のときに産んだ15歳の娘ハツキ(三吉彩花)と名古屋で二人暮らしをしている。そこにアキの元バンドメンバーで、1年半前に世界ツアーに出ると旅立っていったヤグ(矢口/大泉洋)が帰国してきた。行く場所の無いヤグはアキの家に転がり込み、三人の生活が始まるのだが、思春期を迎え、進路に悩みつつも母親の幸せを願うハツキは、...

高橋ヒロシ原作のコミック「クローズ」のアナザーストーリーを、完全オリジナルで映画化した制作した当作品。さて、そのあらすじは・・・鈴蘭男子高等学校の第37回入学式の日、転校してきた滝谷源治(小栗旬)は屋上の壁に書かれている「鈴蘭の頂上(てっぺん) 芹沢多摩雄」という文字をを白いスプレーで塗りつぶし、その上から「たきやげんじ」書き換える。いまだかつて鈴蘭高校を制覇したものはいないのだが、その最も近い位...

「クローズZERO」の8ヵ月後という設定で、前作と同じくオリジナル脚本によるパート2をご紹介します。さて、そのあらすじは・・・少年院から出所した鈴蘭高校OBの川西昇(阿部進之介)が、2年前ナイフで刺殺した鳳仙学園の美藤真喜雄(山口祥行)の墓参りに訪れる。そこで待ち伏せしている真喜雄たちの後輩、的場闘志(阿部亮平)らに追いかけられ、鈴蘭学園校内に逃げ込む川西。そこでのやりとり中に、両校の過去の休戦協...

雫井脩介の小説をベースに、アレンジを加えて映画化。行定勲監督作品。さて、そのあらすじは・・・教師を目指す大学生、堀井香恵(沢尻エリカ)は引っ越してきた部屋で、裏側が小さな棚になっている備え付けの鏡の中で1冊のノートを見つける。そのノートは「若草小学校4年2組の担任、真野伊吹(竹内結子)の日記だった。同じく引っ越しの日、外から部屋を見上げる男性の姿が・・・。その男性は後日、香恵がアルバイトしている万...

さだまさしによる短編小説集の表題作を、磯村一路監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・小学校の教師をしている高野隆之(大沢たかお)は、徐々に視力を失っていくベーチェット病を発症し、教師をやめ実家のある長崎に帰る準備をはじめる。仕事でモンゴルにいる恋人の朝村陽子(石田ゆり子)に心配をかけたくないという思いから、病気のことは内緒にしていたのだが、隆之の恩師で陽子の父親である朝村健吉(林隆三)からの連絡...

この作品は、実際にあった「東電OL殺人事件」がモチーフとなって制作されたそうです。さて、そのあらすじは・・・東京都渋谷円山町のラブホテルで女性の変死体が発見される。その死体は赤いワンピースを着ているのだが、手足と首から上がマネキン、胴体だけが人間のものという異常な状態であった。さらにその場にはもう一体のセーラー服を着たマネキンがあり、そちらはひざ上までの下半身だけが人間の一部とされていた。そしてそ...

実在するお店がモデルとなって作られた本作品。さて、そのあらすじとは・・・北海道の洞爺湖の湖畔「ツキウラ」にある、ペンション&カフェ「マーニ」を経営する夫婦(大泉洋と原田知世)。そこにやってくる宿泊客や、地元の人達とのつながりを描いた心温まるストーリー。この作品に一貫しているのは、「ゆったりとした時間が流れている」ということ。北海道の洞爺湖の湖畔というシチュエーションもあるんでしょうけど、都会にある...

この作品は、江戸川乱歩の「妻に失恋した男」をアレンジした形で制作されています。さて、そのあらすじは・・・・南田みや子(宮地真緒)は夫がありながら、夫の友人で、大浦龍宇一演じる歯科医の琴浦と診療所で密会を重ねる。みや子の夫、収一(柳憂怜)は妻が浮気をしているのでは?と疑い、探偵に素行調査を依頼しようと琴浦に打ち明けるが、実行には移さないことに決める。みや子と琴浦は、歯の治療のたびに体を重ねるが、それ...

1947年に出版された太宰治原作の小説を映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・名家の主人が亡くなってから、生活が苦しくなり、自宅を売却して伊豆の別荘地に引っ越すことになったかず子(佐藤江梨子)とかず子の母(高橋ひとみ)。そこでの出来事を、かず子を中心に描いた物語。1時間6分。2009年公開。斜陽をHULUで視聴するとりあえず、設定のミスが最後まで響いてしまった駄作と言えるでしょう。原作の「貴...

2004年の「このミステリーがすごい!」第3位を獲得している伊坂幸太郎原作小説の映画化。さて、そのあらすじは・・・遺伝子を研究する兄「奥野泉水(加瀬亮)」と、その弟「奥野春(岡田将生)」は、仙台で暮らしている。あちこちの建物に書かれた落書きを消す仕事をしている春は、ニュースで流れた連続不審火の現場の近くに落書きを消した建物があることに気づく。次々と起こる連続放火事件の現場の近くに残された落書き。そ...

邦画がゾンビものを作るとどうしてもB級になってしまうというイメージがあるのですが、この作品はどうなのでしょう?あらすじはこんな感じになっています。高校の授業で山に写生をしにでかけたクラスメイトの女子7人。まじめに絵を書く4人とさぼりたくて仕方ない3人。この3人のうちのひとり仲村みう演じる「あおい」のおじさんが、この近くで屋外アトラクション施設(サバイバルランド)を運営しているということで、絵を書か...

市川拓司原作の恋愛小説を映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・ある雪が降る夜、水草ショップ「Trash」を営む遠山智史(山田孝之)のところに、ひとりの女性が訪ねてくる。彼女はお店でアルバイトをさせてほしいと強引に店内に入り込み、挙句の果てに店で寝泊まりまでしはじめるのだが、遠山智史はそれを受け入れてしまう。実はこの女性、世界でも有名なトップモデルの滝川花梨(長澤まさみ)だったのだが、彼女には...

乃木坂46の3人が主演する作品。さて、そのあらすじは・・・北石器山高校超能力部の部員である、山崎良子(秋元真夏)、村田育子(生田絵梨花)、小暮あずみ(橋本奈々未)が、同級生であり宇宙人でもある森正太郎(碓井将大)を宇宙に返すまでを描く。また、その撮影のメイキングをドキュメンタリーとフェイクドキュメンタリーとして制作。3つのシチュエーションが同時かつ複雑に進行していく内容となっている。2014年作品...

この作品は埼玉愛犬家連続殺人事件が元ネタということで、半分実話のようなものだそうです。しかし、これが実際に起こっていた事件だなんて相当にエグイですね。やばすぎです。R18+(18歳未満は観覧禁止)なので家族で見るような作品ではないことと、見終わったあとしばらく肉とか食べれなくなるので注意してくださいね。さて、そのあらすじですが・・・吹越満演じる社本信行は、再婚した神楽坂恵演じる妙子と前妻の娘である...

おそらく、この映画はアラフォー世代の人たちがいちばんニヤニヤしながら見ていたのではないでしょうか。その世代の人が喜ぶネタがあちこちに散りばめられていて、ギャグ映画として完成度の高い作品になっていると思います。さて、あらすじですが・・・「おしゃれなポップミュージック」の歌手になることに憧れて、大学入学のため田舎から都会にでてきた松山ケンイチ演じる主人公の根岸崇一。CDデビューの広告に乗せられて、とあ...

テレビ番組の「電人ザボーガー」を井口昇監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・警視庁の秘密刑事大門豊(青年期:古原靖久 / 熟年期:板尾創路 / 老年期:きくち英一)は、ロボット研究でノーベル賞を受賞した父親、大門勇博士(竹中直人)が残した変身ロボット「電人ザボーガー」とともに、悪ノ宮博士(柄本明)率いる悪の秘密結社Σ(シグマ)の人類滅亡計画を阻止するために戦う。大門豊の青年期と熟年期の2部構成か...

監督・脚本を熊澤尚人が担当した作品。さて、そのあらすじは・・・沖縄の竹富島で暮らす幼い安里風希は、7歳のときに東京に働きに出た母親の昌美(南果歩)と離れ離れで暮らすことになる。風希の父親はすでに亡くなっており、郵便局を営むおじいの尚栄(平良進)と二人暮らしだ。毎年、誕生日になると母からの手紙が届き、風希はがじゅまるの樹の下でそれを読む。そして、帰ってこない母は「20歳の誕生日にきちんと説明する」と...

村上春樹の小説を映画化した当作品。さて、そのあらすじは・・・1967年、高校時代の友人キズキ(高良健吾)を自殺で失ったワタナベは、神戸を離れ東京の大学に入学する。そしてある日、偶然キズキの恋人だった直子(菊地凛子)と再会し恋に落ちるが、精神を病んだ直子は京都の施設にはいることになる。折にふれ、京都の直子に会いに行くワタナベは、同じ大学に通う緑(水原希子)に声をかけられ、その魅力に引き込まれていくの...

中原みすず原作の小説を塙幸成監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・1968年12月10日、東京都府中市の路上で白バイ警官を装った何者かによって3億円が強奪された事件。実は、その白バイ犯人はみすず(宮アあおい)という女子高生だったという設定の物語。なぜ3億円を強奪することになったのか?この事件の裏側に渦巻く人間関係や思想、そして恋を描くストーリー。2006年の日本映画。1時間54分。初恋をHULU...

松本卓也監督によるコメディ作品。さて、そのあらすじは・・・人口よりも牛の数のほうが多い香川県小豊島で、和牛の生産に人生をかけている吾郎(永島敏行)。彼はついに全日本和牛大会の2部門で優勝する牛を育てあげた。ところが、娘の花子(倉科カナ)は、母親のタクヨ(水野美紀)が亡くなる寸前まで牛のことばかりだった父親と牛肉が大嫌いなのだった。大学の夏休み、東京から香川の小豊島へ帰省した花子は、ある日の夜、牛舎...

岩井俊二監督による青春映画。さて、そのあらすじは・・・石ノ森学園に通う中学3年生の花(荒井花/鈴木杏)とアリス(有栖川徹子/蒼井優)は、藤子駅のホームに立つ2人の男子高校生をじっと見つめている。アリスは、そのうちのひとりでハーフのような男の子に恋心を抱くが、花はもうひとりの男の子、宮本雅志(郭智博)に興味を持つようになる。宮本が手塚高校の生徒だと知った花は、受験し見事合格。アリスと一緒に高校生活を...

古谷実原作のマンガを園子温監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・東日本大震災後の街。川沿いで貸しボート屋を営む家の一人息子である住田祐一(染谷将太)は、15歳の中学生。家庭環境の影響もあって、ときどき奇特な発言を発するため、クラスでは浮いた存在である。ところが、そんな彼の言葉に感動し、数々の「住田語録」を紙に書き記し、自宅の部屋の壁に貼りまくっているのが、クラスメイトの茶沢景子(二階堂ふみ)だっ...

山崎ナオコーラの小説を映画化した「人のセックスを笑うな」タイトルが意味不明なのですが、実はこれ原作者の山崎ナオコーラさんが同性愛の本の棚の前でクスクス笑っている人を本屋で見かけたのがきっかけでついたものだそうです。さて、そのあらすじとは・・・・美術学校に通う松山ケンイチ演じる19歳のみるめ。その学校の講師である永作博美演じる39歳のユリに頼まれ、絵のモデルを引き受けることになる。それがきっかけで恋...

東野圭吾参原作の小説「秘密」が、広末涼子さんと小林薫さんの主演によって映画化されています。そのあらすじは・・・小林薫演じる夫、杉田平介と岸本加世子演じる妻・直子、その娘である広末涼子演じる・藻奈美。直子と藻奈美が直子の長野の実家にバスで帰省する途中、転落事故にあってしまう。直子は亡くなり藻奈美は一命を取り留めたのだが、実は直子の魂が藻奈美の体に入り込んでしまうということに。その後、自分の娘の姿なの...

なんとなく見てみようと思ったんですけど、この作品の佐藤鈴子を演じている蒼井優ちゃんの横顔が今井美樹さんに見える時があって、それを感じてから布袋寅泰さんの顔がちらついてしょうがなかったです。あらすじとしては佐藤鈴子が前科持ちになってしまうところから、あちこち自分のことをだれも知らない土地に移り住んで、そこで百万円を貯めたらまた引っ越して・・・ということを繰り返すということがメインになっていて、そこに...

三浦しをん原作小説を、石井裕也監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・他人とのコミュニケーションが苦手な馬締光也(松田龍平)は、玄武書房の営業部で働いている。玄武書房の辞書編集部では、荒木公平(小林薫)の定年退職によって、「大渡海」という辞書を制作する人材の補充が急務となっている。荒木は、自分に変わる人材を見つけるため、社内を探すのだが、なかなか適任が見つからない。そんなとき、同じ辞書編集部で働く...

第130回芥川龍之介賞を受賞した、金原ひとみさん原作の小説が映画化されたのが、本作品の「蛇にピアス」。芥川賞受賞時にタイトルだけ見て、「蛇にピアスを開けるって、よく意味がわからん・・・」と思ったものですが、内容を見ると納得できました。そのあらすじとは・・・吉高由里子演じるルイは、渋谷のクラブで高良健吾演じるアマと出会う。アマは赤いモヒカンにピアス、タトゥー、そして舌先をふたつに切り裂いている「スプ...

岡崎京子原作の漫画を蜷川実花監督が映像化。さて、そのあらすじは・・・「女子がなりたい顔ナンバーワン」に選ばれた、女子高生のカリスマりりこ/比留駒春子(ひるこまはるこ/沢尻エリカ)は、全身整形を行い美しさを手に入れているのだが、当然のようにそれを公表していない、いわば、作られたカリスマなのだった。様々なファッション雑誌の表紙を飾り、ドラマやCMに出演し、売れっ子としての毎日を過ごしていた。ところが、...

原作はパウロ・コエーリョの小説で、スロベニア共和国リュブリャナが舞台になっているものを日本に置き換えて製作されたのがこの作品。真木よう子さんが主演で、かなり話題になったのですが、さてそのあらすじとは・・・真木よう子演じる主人公トワ(=原作ではベロニカ)は大学をでて図書館で働いている。しかし「なんでもあるけど何もない自分の人生」に嫌気が差し睡眠薬を大量に服用に自殺をはかる。一命を取り留めたトワが目覚...

当作品は「超能力者」をテーマにしたコメディとなっています、さて、そのあらすじとは・・・長澤まさみ演じる桜井米(さくらいよね)は、湾岸テレビの超常現象バラエティ「あすなろサイキック」のADとして働いている。ある日、上司のディレクター(甲本雅裕)から「ネタ撮れるまで帰ってくんな」と言われ、日本全国津々浦々、超能力、超常現象に関するネタを探しにでかけることになる。いろいろな噂を元に取材をおこなうが、その...

深川栄洋監督による洋菓子店を舞台としたヒューマンストーリー。さて、そのあらすじは・・・パティシエになるために、鹿児島から東京にでた彼氏の海千尋(尾上寛之)を追いかけて、ひとりで上京してきた臼場なつめ(蒼井優)。海が働いているという「パティスリーコアンドル」を尋ねるが、すでに辞めてしまって行方がわからなくなっていた。どうしても海を探して鹿児島に連れて帰りたいなつめは、東京に滞在するために、実家がケー...

山田悠介原作の小説を映画化したシリーズの1作目。さて、そのあらすじは・・・街を歩いている人々に雷や鉄筋が落ちて死亡したり、電車にひかれて死亡したり、各地で「佐藤」という名前の人物が次々と亡くなっている。ある日、高校生の佐藤翼(石田卓也)は、佐藤洋(大東俊介)たち不良グループから追われていた。捕まり、まさに殴られようとした瞬間、翼は別の場所へと飛ばされた。そこはパラレルワールドで、全国の佐藤姓の人々...

オリジナルはPS2のゲームソフト「龍が如く」。当作品はその映画化です。さて、あらすじは・・・刑務所帰りの昔気質の情に厚いヤクザ、桐生一馬(北村一輝)が少女澤村遥(夏緒)の母親を探すために奔走する。しかし、過去に因縁のある真島吾朗(岸谷五朗)が邪魔をし、決着をつけようと桐生を追い回す。そこに関わってくる暴力団組織の消えた100億、そして若いカップル・・・舞台となっている神室町天下一通りで巻き起こる出...

矢口史靖氏が脚本・監督を担当したコメディー作品。さて、そのあらすじは・・・木村宗佑社長(小野武彦)から「3ヶ月でロボットを作り上げろ」という無茶な指示をされた、ロボット製作経験ゼロの木村電器(白物家電がメインの電器メーカー)の社員3人。その3人の社員〜小林弘樹(濱田岳)、太田浩次(チャン・カワイ)、長井信也(川島潤哉)〜は、開発しているロボット「ニュー潮風」の発表会1週間前になっても、歩行させるこ...