エターナル・サンシャイン あらすじとネタバレ(HULU)

2004年度のアカデミー脚本賞を受賞した当作品。さて、そのあらすじは・・・

バレンタインの日、ジョエル・バリッシュ(ジム・キャリー)は目覚めが悪い上に、車のドアを誰かにぶつけられていたことでやる気をなくし、仕事をサボってモントークの海へと向かう。そして、そこで出会った女性クレメンタイン・クルシェンスキー(ケイト・ウィンスレット)とお互いに惹かれ合い、恋に落ちてしまう。

 

ところが、この出会いは偶然ではなく、2人の過去の記憶が大きく関係していたのだった・・・というストーリー。

 

エターナル・サンシャインをHULUで視聴する

 

エターナルサンシャイン

アカデミー脚本賞を受賞しただけあって、複雑に入り組んだ時間軸のエピソードと、恋愛感情を綿密にまとめあげて描いていますね。

 

正直、最初見ていくと、「ん?なんだか辻褄が合わないことないか?」と思ってしまうのですが、最後まできちんと見ていくと、すべての辻褄はちゃんとあっていて、

 

「なるほど!そういう流れになっていたのか!」

 

と、思わずうなってしまいます。それほど、伏線の引き方が上手なストーリー展開なんですよね。ただし、集中して見ていないとヒントを見逃すことになりかねないので、なにかをしながら「ついでに」見るというのはやめたほうがベターです。

 

確実にわけが分からなくなって、もう一度最初から見るはめになりますから(笑)

 

見る前は、ジムキャリーがコメディではないシリアスなラブストーリーの主演をしているというのが、どうも不思議で仕方がなかったんですけど、さすが一流の役者さんというのは違いますね。

 

「マスク」とかの変なおじさんのイメージは完璧にゼロにしていて、しかも物静かでおとなしい男性を演じているというのに、違和感を感じることはありませんでした。幼児退行したようなシーンがあるのですが、そこもまさに子供のようで、個人的にはトムハンクスが「ビッグ」で見せた子供の演技に匹敵するのでは?と思ってしまいました。

 

同じく主役のケイト・ウィンスレットも、プライベートで3度の結婚をしている女性そのままに自由奔放で、すごくキュートでしたね。下着を見せるシーンとか、サバサバしているキャラクターだからこそのセクシーさというのもありました。

 

髪の毛の色の変化をものさしにしておけば、ストーリーの時間軸がわかりやすいと思いますので、観るときは注目しておいてくださいね。

 

出演女優

 

ラクーナ社の受付の女の子メアリー役のキルスティン・ダンストは、スパイダーマンの主人公の彼女役などでもよく知られていますが、何度見てもかわいいと思えないんですよね。

 

今作品では、マリファナでラリって、下着姿になっているのですが、確かにスタイルは良いと思います。ですが、顔は決して美人ではないんですよね。

 

すごく良い雰囲気を持っているので、もう少しかわいければな〜と思うのですが、ないものを言っても仕方ないので諦めます(笑)

 

当作品では、やはりクレメンタイン役のケイト・ウィンスレットが主役なので、その自由奔放な魅力を楽しむだけで満足すべきなのかもしれません。

 

心に刺さった言葉

 

ジョエルがクレメンタインに出会ったときのひとりごと

 

「すこしでも関心を示されると僕は恋に落ちる」

 

これはわかります!

 

やっぱり、「この女の子とやたら目が合うな」とか思うと、ちょっと好きになりますもんね。

 

ほかに、セリフではないですが、

 

ニーチェの言葉「忘却はよりよき前進を生む」

 

アレクサンダー・ポープの言葉「幸せは無垢な心に宿る。忘却は許すこと。太陽の光に導かれ陰りなき祈りは運命を動かす。」

 

という2つの言葉にはグっときましたね。

 

忘れることは悲しいことではないんだと思えて、勇気がわいてきました。これで老化もどんと来いです(笑)

 

エターナルサンシャイン

 

ここからネタバレ

 

モントークの海で出会ったジョエルとクレメンタインは、「ロックビルセンター」「B&N書店」という共通点があることで一気に距離を縮めて恋に落ち、その当日にクレメンタインは「あなたと結婚する」と宣言します。

 

そして、翌日には「氷上ハネムーン」ということで凍ったチャールズ川に出かけるのです。

 

氷の上に寝転んで星を見上げる夜空には、「オシディウス座の弓型にクロスしている姿が佇んでいる」というようなことをジョエルが言うのですが、これだけですでにロマンチックですよね。

 

この頃のクレメンタインの髪の毛は青なんですが、ここから物語は過去に戻ります。

 

ジョエルは、バレンタインの日にプレゼントを買ってクレメンタインの職場の本屋に言ったのですが、彼女は「あなたなんか知らない」という態度を取り、目の前で若い男パトリック(イライジャ・ウッド)とキスを交わすのです。

 

いきなり核心に迫りますが、実はパトリックというのは、人の脳から特定の記憶を消す作業を請け負っているラクーナ社の社員で、そのクライアントであるクレメンタインに近づいて付き合うようになったのです。

 

しかも、其のやり方というのが、ジョエルがクレメンタインに囁いた言葉や好みのプレゼントを渡すという卑怯なやり方だったのです。

 

なぜクレメンタインは自分の記憶を消したのか?

 

最後に見た時、彼女はオレンジの髪の毛だったのですが、夜中の3時に酔っぱらって帰ってきたクレメンタインが、「あなたの車をぶつけちゃったみたい」と言いながら、ジュエルをなじり始めます。ジュエルもそんなクレメンタインに辟易としていたので、浮気をしてきたと思い、

 

「誰かとファックしたのは、君の得意技だろ?」

 

というひどい言葉を発してしまします。

 

その言葉にきれたのクレメンタインは合鍵を返し、部屋をでていき、その後記憶を消去したということだったのです。

 

クレメンタインが自分の記憶を消したという事実を知ったジョエルは、自分の脳からもクレメンタインの記憶を消すようにラクーナ社に依頼します。

 

そして、ラクーナ社のスタッフ、パトリックとスタン・フィンク(マーク・ラファロ)がジョエルの就寝中の部屋を訪れて、記憶消去作業を開始します。

 

ところが、記憶を消去されている最中に、ジョエルは夢現のなかでスタンとパトリックの会話を聞いて、パトリックが卑怯な手を使ってクレメンタインに近づいたことを知り、作業中止を求めます。

 

しかし、その場にやってきたラクーナ社の受付のメアリー(キルスティン・ダンスト)とスタンは、作業をオートで行いながら酒を飲み、マリファナを吸い、あげくの果てにエッチをして、さらに音楽をかけて踊り狂っているため、ジョエルの変化に気づきません。

 

ジョエルの脳内にはクレメンタインが現れ、「私を忘れないように、記憶の底に連れて行って隠して」と頼み、ふたりでジョエルの過去を旅します。

 

この行動によって、記憶消去作業に支障をきたしたため、スタンはハワード・ミュージワック博士(トム・ウィルキンソン)を呼び寄せます。

 

博士の作業によって、ジョエルの記憶消去は完了するのですが、バレンタインの日になぜかふたりが出会ったモントークの海に向かうのです。

 

これが冒頭のシーンへとつながるのですが、実は二人が出会ったのはさらに過去で、ジュエルが2年前にナオミという女性と暮らしていた時にビーチでのパーティーにひとりで参加して、そこでクレメンタインと出会ったのでした。

 

このあたりの時間軸がややこしいのですが、

1:2年前のモントークの浜辺でのパーティーで二人は出会った
2:付き合っていたが、お互いに心が離れていった
3:クレメンタインがラクーナ社でジョエルの記憶を消した
4:ジョエルもクレメンタインの記憶を消した
5:記憶の奥底に眠っていた何かのせいか、バレンタインの日、二人は無意識のうちにそれぞれモントークの浜辺に向かった
6:そこで「見知らぬ同士」として再開を果たし、また恋に落ちた

という流れです。

 

ここからお互いがもともと恋人同士で、しかもお互いの記憶を消していたということがわかってしまいます。

 

「またイヤになった別れるだけだ」と感じたクレメンタインですが、それでもいいとジョエルは引き止め、お互いに泣き笑いでラストを迎えます。

 

これから新しい二人の生活が始まるとイメージさせるラストですが、きっと以前よりもお互いのことを思いやって、幸せな生活を送りそうです。

 

エターナル・サンシャインをHULUで視聴する

2週間無料で楽しめる!

↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

<紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。>

関連ページ

シカゴ 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「シカゴ」についてお話します。ネタバレ注意!
シリアナ 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「シリアナ」についてお話します。ネタバレ注意!
17歳のカルテ 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「17歳のカルテ」についてお話します。ネタバレ注意!
ダークナイト 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「ダークナイト」についてお話します。ネタバレ注意!
トレーニングデイ 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「トレーニングデイ」についてお話します。ネタバレ注意!
ナイロビの蜂 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「ナイロビの蜂」についてお話します。ネタバレ注意!
フィクサー 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「フィクサー」についてお話します。ネタバレ注意!
フィラデルフィア 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「フィラデルフィア」についてお話します。ネタバレ注意!
ボーン・アルティメイタム 動画レビュー
Huluで観たアカデミー賞受賞作品「ボーン・アルティメイタム」についてお話します。ネタバレ注意!
モンスター 動画レビュー
Huluで観た洋画「モンスター」についてお話します。ネタバレ注意!