アカデミー賞受賞作

こちらのカテゴリではHuluで観たアカデミー賞受賞作品についてお話していきます。

 

ネタバレ注意報発令中です。

2週間無料で楽しめる!

↓↓↓お試しはバナーをクリック!↓↓↓

<紹介している作品に関しては、現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。>

アカデミー賞作品記事一覧

2004年度のアカデミー脚本賞を受賞した当作品。さて、そのあらすじは・・・バレンタインの日、ジョエル・バリッシュ(ジム・キャリー)は目覚めが悪い上に、車のドアを誰かにぶつけられていたことでやる気をなくし、仕事をサボってモントークの海へと向かう。そして、そこで出会った女性クレメンタイン・クルシェンスキー(ケイト・ウィンスレット)とお互いに惹かれ合い、恋に落ちてしまう。ところが、この出会いは偶然ではな...

トニー賞を受賞したボブ・フォッシーのミュージカルを、ロブ・マーシャル監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・1920年代のシカゴを舞台にした物語。ショービジネス界に生きるヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、妹のヴェルカと「ケリーシスターズ」というコンビを組んでいる。ところが自分の夫チャーリーとヴェルカが不倫している現場を目撃し、二人を殺し逮捕されてしまう。ロキシー・ハート(レネー・...

ジョージ・クルーニーがアカデミー助演男優賞を獲得した当作品。さて、そのあらすじは・・・中東の架空の国「シリアナ」の石油利権を奪い合うために、アメリカや中国、中東諸国が様々な策を講じている。シリアナでは後継者争いを、兄のナシール・アル・スバーイ王子(アレクサンダー・シディグ)と弟のメシャール王子(アクバール・クルサ)が繰り広げているが、中国と手を結ぶことにした兄のナシールをテロリスト扱いしたアメリカ...

アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を受賞した1999年のアメリカ映画。原作はスザンナ・ケイセンの自伝「思春期病棟の少女たち」。さて、そのあらすじは・・・アスピリン1瓶とウォッカ1本を飲んで病院に運ばれ、胃洗浄を施されたスザンナ・ケイセン(ウィノナ・ライダー)は、自殺未遂と判断され精神病院へ入院することになる。そこでは「境界性(ボーダーライン)人格障害」と診断されるが、自分にはその自覚が...

クリストファー・ノーラン監督の新生バットマンシリーズ第2作目の本作。第81回アカデミー賞助演男優賞と音響編集賞を受賞しています。さて、そのあらすじは・・・政治や警察の腐敗が進むゴッサムシティ。私設警察的な動きを陰で行うバットマンに対抗して、ピエロのメイクをした「ジョーカー」という犯罪者が現れる。銀行強盗で得た金を元手に武装し、その犯罪規模を拡大していくジョーカーだが、純粋に「人々の心を悪に染める」...

デンゼル・ワシントンがアカデミー主演男優賞を受賞した当作品。さて、そのあらすじは・・・麻薬捜査課に配属になったジェイク・ホイト刑事(イーサン・ホーク)は、ベテランの捜査官アロンゾ・ハリス刑事(デンゼル・ワシントン)について、実地訓練を受ける。正義感あふれるジェイクは、捜査のためには法律違反もいとわないアロンゾのやり方に嫌悪感を覚えるが、アロンゾは「大物の麻薬売人を逮捕するには仕方がないことだ」とジ...

原作のジョン・ル・カレの小説「ナイロビの蜂」(The Constant Gardener)をフェルナンド・メイレレス監督が映画化。さて、そのあらすじは・・・英国外務省一等書記官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)は、サー・バーナード・ペレグリン外務省アフリカ局長の代理で記者発表を行った会場で、テッサ(レイチェル・ワイズ)と出会う。アフリカのナイロビへの駐在が決まったジャスティンに、テッサは...

ジョージ・クルーニー主演、ティルダ・スウィントンが第80回アカデミー賞助演女優賞を受賞した当作品。さて、そのあらすじは・・・ケナー バック&レディーンという法律事務所で働くマイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)は、弁護士として表の仕事をこなしながら、「もみ消し屋」「掃除屋」=フィクサーとしての仕事もこなしている。その一方、いとこのティミーに任せていたギャラクシーというレストランの経営がうまく...

トム・ハンクスが、第66回アカデミー賞主演男優賞、ブルース・スプリングスティーンが歌曲賞を受賞した当作品。さて、そのあらすじは・・・弁護士アンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は、勤めていた法律事務所を突然解雇されてしまう。「能力がない」というのが事務所側の解雇理由だが、自分がエイズということが解雇理由だと確信したアンドリューは訴訟を起こす準備をする。何人もの弁護士に弁護を断られるが、かつての知...

ロバート・ラドラム原作の「最後の暗殺者」をポール・グリーングラス監督が映画化。「ボーン・アイディンティティ」「ボーン・スプレマシー」に続く3作目。さて、そのあらすじは・・・CIAを離脱したことで、追われ続けているジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、世界各地を移動しながら、何年も逃走を続けている。ある日、ガーディアン紙の記者、サイモン・ロス(パディ・コンシダイン)が、CIAの内通者から極秘情報...

実在の人物、元娼婦の連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを描いた当作品。さて、そのあらすじは・・・少女時代のアイリーン・ウォーノスは、いつか自分はテレビで見るようなスターになれると信じていた。自分はダイヤの原石で皆に夢を与える存在だと。ところがどこで何をどう踏み外したのか、13歳から体を売る行為をおこない、いつしか娼婦として生きることになってしまっていた。そんなある日、ふと立ち寄ったバーで同性愛者のセ...